2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« HAPPY BIRTHDAY !! | トップページ | 経過報告 »

病院へ

先週からまた始まってしまったじゃっくんの成長痛。
痛み止めを飲ませてみても、回復する様子が全く見られない。
それどころか、今朝になったら膝から腿にかけて大きく腫れてしまっていたのだ。

ここまで腫れるとなると、ただの成長痛とは思えなくなる。
右足を曲げたまま下につけないでいるじゃっくんを車に乗せて、父と病院へと急いだ。



660

足のことでここを訪れるのは2度目。 日曜日の病院は思いのほか混んでいた。
受付の中をのぞくと人影はなく、そのかわり椅子にのっそりと寝そべり
なんとも気持ちよさそうに寝ている牛柄の猫と、その下で紙くずをおもちゃにして
機敏に動き回るシマ模様の猫がいた。よく見ると、この猫には右前足がない。
3本足なのを気付かせないくらいに元気よく紙くずを追いかけていた。
自然に笑みがこぼれる・・・・・・・。





その後受付を済ませ、待つこと数十分。 名前を呼ばれ、診察室へ・・・・・。

これまでの経緯を大まかに説明し、じゃっくんを診察台に乗せた。
すぐに触診が始まり、骨の状態を確認する。
すると、それまで穏やかだった院長先生の表情が見る見る険しくなっていった。





       『・・・・・骨肉腫の疑いがあります・・・・・』






さかのぼること半年前・・・・・・・。 


約2ヶ月間ほど症状が続いていたことで心配になり、初めてこの病院を訪れた。
父はただの成長痛だと言っていたのだが、私は私なりにじゃっくんを観察し
歩き方や左右の筋肉の付き具合から、股関節形成不全を心配していたのだ。

院長先生の触診から、股関節形成不全の疑いはすぐに打ち消されたのだが
念のためレントゲンを撮ってみることになった。
普通なら全身麻酔をかけるところだが、じゃっくんが大人しくしていてくれたので
麻酔はかけずにそのまま撮ることに・・・・・・・。

レントゲンを撮り終わり、待合室で待つ私とじゃっくんのもとへ先生が近づいてくる。

「すみません。念のために、もう一度レントゲンを撮らせてください」

不安そうな目で私を見つめるじゃっくんを、先生がなだめながら連れて行く。

なぜかこれがこの後もう一回あり、結局3度レントゲンを撮ることになった。


この壁の向こう側で、一体なにが行われているのだろう・・・・・・・。



その後、診断結果を聞きに診察室へ入っていった私の目には
壁に作られたフィルム台に映し出される2枚のレントゲン写真がとび込んできた。

「ここのところをよく見てもらうと分かると思うんですが、
        この足の骨に沿ってモヤモヤとした線が何箇所か見られるんですよ」

先生に言われてよく見てみると、なるほどモヤモヤとしたものが見える。

「何なんですか?」

「念のためにと思って、何回も撮らせてもらったんですがね、
               それのどれをとって見ても、これが写ってるんですよね」


だからこれが何だと言うのか・・・・・・・。


難しいことをいろいろ言われたので、詳しい説明は覚えていないが
ようは、癌細胞に侵されている骨が初期の段階ではこのように写るのだと言う。
また、汎骨炎でも似たように写るらしいのだが・・・・・。
このこともふまえて考えられる病名はふたつ。

いわゆる成長痛と呼ばれる『汎骨炎』と、最悪の場合は『癌』だ。


「骨肉腫ってヤツですか」

そのときの私はなぜか取り乱すこともなく、冷静にそう答えていた。

思い返してみれば、じゃっくんに限ってそんなことがあるはずがないと
確信していたからかも知れない。

「でも、骨肉腫だとすればこれほど長く症状を保っていることはないんですよ。
            もしそうだとすれば、今頃はもっと進行しているはずですから」

「では、汎骨炎でいいんですよね」

「はい・・・ とりあえず、今のところは・・・」

最後にはそう言われ、結局は『汎骨炎』との診断結果をもって
家に帰って行ったのだが・・・・・。






そして今日、また『骨肉腫』という病名が院長先生の口から出てきてしまった。
自身ドーベルマンを愛犬にもつこの先生は、同じ犬種ということもあったのだろう
猫のことで訪れたときも、その後のじゃっくんに変化はないか気にかけてくれていた。

私も今度ばかりはさすがに不安になった。最悪「切断」ということにでもなったら・・・・・。
ふと、さっき受付で見た猫の姿が脳裏によみがえってくる。


あの猫のように3本足になったとしても
             じゃっくんには走りまわることができるのだろうか・・・・・。


何も知らずに見つめる瞳を、じっと見つめかえした。

とにかく、レントゲンを撮ってみないことには詳しいことは分からない。
先生の手が空くまで、車の中で待機することになった。


667

この後、2時間近く待たされることになるとは本人もまだ気付いていない。
全身麻酔なら院長先生ひとりで十分だが、麻酔なしでお願いしたために
副院長先生と父と3人で押さえて撮ることになったのだ。
あの頃よりも大きく成長し、体重も43㌔になったじゃっくん・・・・・・・。
ちゃんと患部を撮影するためには、仰向けにしたりしなければならないらしい。



押し寄せる不安を拭うかのように、足とは関係のない話題で時間をつぶす父と娘。
しかし展覧会やらマイクロチップのことやらと、話が犬からそれることはなかった。



668

あまりの待ち時間の長さに、ようやく気付き考え込むじゃっくん。




そして、やっとレントゲン室へ・・・・・・・・・・。




撮影が済み、またこの間のように2枚のフィルムを目の前にして説明を聞く。

見ると、前回あったモヤモヤが今回はきれいさっぱりなくなっていた。
どうやら心配された『骨肉腫』ではないみたいだ。   
ほっと胸をなで下ろす。





では、一体何なのか・・・・・・・。





力の加減を知らないじゃっくんは、はしゃぎついでに足に無理な負担をかけ
そうとうひどい肉離れをおこしてしまったらしい。
院長先生の指が完全に入ってしまうほどの穴が、腿の内側に開いていた。
それほどに筋肉が離れてしまっているのだと言う。
と同時に、かなりの内出血もおこしていた。

「これほどひどい状態なので、絶対安静が必要です」と言われ
何日か通院してレーザー治療することになった。


とりあえずほっとしたものの、果たしてあの暴君に絶対安静などできるのだろうか。
もちろん、排泄と食餌以外はケージに入れておくつもりだけど
ハウス嫌いなじゃっくんが、どこまで我慢できることやら・・・・・・・。

私たちの不安の矛先は、今度はどうやらそちらへ向かうことになりそうだ。

« HAPPY BIRTHDAY !! | トップページ | 経過報告 »

コメント

骨肉腫じゃなくて良かったぁ(T_T)
ダンテもパピーの頃、汎骨症になりました。
めっちゃ心配しました。

肉離れですか・・・心配ですね・・・。
ずっとハウスさせてるのもツライでしょうが、完治のため頑張って下さい!

じゃっく~ん
心配で、じゃっくんの父ちゃんに電話しちゃった!
一大事にならなくて良かった。
安静にね。
もしかしたら、来月遊べるかも~

おおーブログ読んでドキドキしてしまいました。。。
でも、骨肉腫じゃなくて本当に良かったぁ~
でも肉離れ、ひどいみたいで心配ですね。
元気な盛りなのに絶対安静ではじゃっくんもつらいと思いますが、しばらく頑張ってくださいね。
早く元気になったじゃっくんと遊びたいな~♪

FRORINAサンへ
ホント、とりあえずほっとしました。
「汎骨炎」ダンテ君もなりましたか?心配しますよね・・・。
大きくなる犬は成長痛が出ること多いんですけど
こんなに頻繁にあると違う病気を疑ってしまい
病院に行っちゃいました(苦笑)
しかも肉離れなんて初めての経験ですよwwwww

でも本犬は至って元気です!
今朝、病院へ行くのをドライブだと勘違いして
またウハウハしそうになったんですよ~~~
着いてみたら病院だったんで、えらく落ち込んでましたけど(爆)
ご心配いただきありがとうございました^^
完治目指して頑張ります!!

くまサンへ
心配かけちゃってすみませ~~んm( .. )m
詳細はお聞きの通りでございます。
全くぅ、じゃっくんにはいろんな意味で手がかかります(苦笑)
安静の「あ」の字もありませんwww
さっきもおもちゃを持ってきて「遊ぼ!」って言ってたんですよ(爆)
もちろん、すぐハウスですけどね(笑)

ハイ、その頃には完治してると思いますので
是非遊んでやってください~~~^^

じゅりあサンへ
ハイ、私もちょっとドキドキしちゃいました(汗)
骨肉腫じゃなくて本当によかったです。
偶然にも3本足の猫がいたりしたから、余計・・・。

肉離れ、かなりひどかったです。
先生曰く「ブチブチブチッ」って切れちゃったみたいなんですよwww
それを知らずに、ただの成長痛だと思って野放しにしてたから
余計に悪化させてしまったんでしょうね・・・許せ、じゃっくん。
肉離れってクセになるんですよね~~~
元気に皆と遊ぶためにも、安静にして頑張ってもらいます!
そのときはよろしくねっ、蘭子ちゃん^^

よかったですね、骨肉腫でなくて。。。
でも、肉離れも心配ですけど・・・
絶対安静、元気な犬にはかわいそう。。。ツライね
でも治らないともっとかわいそう。
がんばってね~、じゃっく~。
よくなったらにこるとも遊んでね~♪お住まい群馬でしたっけ?

犬の話で盛り上がる「父と娘」、いいですね~。

にこるも明日病院で~す

nicomamaサンへ
薬が効いてるせいか、本犬は元気なんですよね。
だから安静にさせておくのも辛いですぅ・・・・・
でも、完治まで頑張ってもらいますよ~~~^^

ハイ、住まいは群馬県太田市です!
ここらへんは夏の暑さが異常なんですよね・・・・・
犬にも人間にもツライ季節が始まりますwww

ニコル君、病院ですか???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040217/21952992

この記事へのトラックバック一覧です: 病院へ:

« HAPPY BIRTHDAY !! | トップページ | 経過報告 »