2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 単独展 番外編 | トップページ | ごめんよ、もっち。 »

ドリィ

すっかり忘れてましたが、先日 22日にドリィが8歳になりました。

誕生日だからって特別何をするわけでもないから、こういうイベントを忘れがちな我が家です。(;´▽`A``アハハ


実はドリィ 7月下旬に、突然立てなくなりました。

立たせてあげれば歩けることもないけれど、チッコでしゃがむとそのままペタン。。。

それきり自力では立ち上がることが出来なくなってしまったのです。

幼少期に肢を痛めたため、十分な運動が出来ず

歳も歳なんで、余計筋肉が衰え、弱くなってしまったのだと・・・。


ネットサーフィンをし、介護用品を探しまくるも、なかなか良いものに巡り合わず。

ドーベル歴33年目にしていよいよ我が家も初の介護生活が始まるのかと。

こんなにも飼い続けていて介護の経験がないなんて、何か不思議だよねって。

皆、苦しくても最期の最期まで、自分で立って歩いてたんだもの。

そう考えると、飼い主思いの仔ばかりだったのかもしれません。


体重的にドリィならまだしも、これがじゃっくんだったらどうしよう。

そんなことも考えた今夏でした。

結局、介護の「か」の字もないままに、じゃっくんは遠いところへ逝ってしまいましたけど・・・。


で、そのドリィちゃんですが。

倒れたら起こす、を繰り返すこと日に数度。

目を離せば、真夏の太陽が燦々と照りつけるコンクリで倒れていることもあり

心配で全く目が離せない状態が続いてました。

リフォーム中だったため、日中は毎日大工さんが来るしで、毎日大変だったんです。


が・・・。


数週間したらば、突然立ち上がれるようになり。

今ではそんなことはなかったかのように、呼べば小走りに駆けてきて、以前の元気を取り戻しています。

あれは一体なんだったのだろう。

立てなくなってしばらくして、人でいう足首のところが物凄く腫れてるのに気づいて。

( 何かの拍子に痛めていたのかもしれないね )

父がちょちょっと魔法をかけて・・・それから2週間くらい後だったかな?

少しプルプル震えるものの、なんとか自力でチッコが出来るようになりました。

あーよかった。 一時はどうなることかと、あたしゃ覚悟を決めてたよ・・・。





02_1



倒れないように顎を支えてます?笑


02_2


リハビリと称し、父の草刈りに付き合う、の図。


03


(画像は全て夏に撮影したものです)


ドリちゃん

これからも元気で、怖い怖いもっちのママでいてね!


« 単独展 番外編 | トップページ | ごめんよ、もっち。 »

コメント

ドリちゃん、そうだったんだ…。
お邪魔した時、気がつかなくてゴメンねsad

また立てるようになって本当によかった!
まだまだ元気でいてねsign01

JILLママさん おはようございます!

あ、平気平気!
あのときはもうすっかり元に戻ってたから(^-^*)
一時期食欲もなくて心配したけど、今ではガッツリ食べてるし。

まだまだイケると思うよー(^^ゞ

先代のアリンダの晩年の時に同じようなことがありましたよ。
足腰はとても丈夫な子でしたが、夏場だけはお散歩中にへたり込んでしまうことがたびたびありました。
何度か抱いて帰宅したことがあります。
重かった記憶があります。
アリンダは29kg台でした。
涼しくなるといつもようにへたり込むこともなく歩いてお散歩していたんですよ。
ドリィちゃんとは年齢が異なるので一緒には出来ないかもしれませんけど・・・

アリちゃんの兄貴さん こんにちは!

今回は後肢の腫れが立てなくなった原因だと思われますが
酷暑といわれた今夏の気候も、ドリにはこたえたのでしょうね。
今はもうそんなことは何処へらやで、すっかり元気になりましたけど
また今度は寒い冬が来ますし、注意して見ていきたいと思います。

それにしても、29キロを抱えての帰路は大変でしたね。。。
うちも多分、まだそれくらいはあると思います。
いつまでもとは叶わぬことでしょうが、なるべくなら寝込まないようにと
願いたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040217/47575528

この記事へのトラックバック一覧です: ドリィ:

« 単独展 番外編 | トップページ | ごめんよ、もっち。 »